#いちまろ夫婦

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

結婚式場をお得に予約するコツは「1発で決めること」

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20180702224657p:plain

 


いちまろ夫婦のいちまろ(夫)です!

 

結婚式場を決める際、すごく悩まれている人は多いと思います。
実際に何会場か下見に行って決めることが多いはず。

 

しかし僕らは結婚式場を見学したのは1回きり!

 

さらにその下見したついでに、そこで式場を決めました!

 

我ながらなんという決断力www
勿論新卒23歳の僕は、この決断これまでの人生で1番高いお買い物でした。

 

では、なぜ僕らは結婚式場を1発で決めることができたのか。
結婚式場を決める際に僕らが意識していたポイントを3つ紹介します!

1ゼクシィ本で結婚式場を鬼チェック

僕らはまずゼクシィを見まくりました。


ゼクシィ本を妻が2冊ほど買ってきてくれたのですが、ゼクシィは大半が式場の広告なんですね。なので式場の情報が鬼ほど載っています。

そこから2人で「あ、ここいいなー!」と思う式場をまずはフィーリングでいいので、どんどんチェックを付けていきましょう!

絞り込むポイントは、それぞれのカップルで異なると思います。

 

・式のスタイル(大勢なのか、少人数なのか)
・式場のスタイル(結婚式場なのか、ホテルか、和式?チャペル?・・)
・価格
・場所
・その他式場だけの魅力的なサービス

などなど

 

そういったところをざっくり二人でワクワク話しながら、
「ここはあり!」「ここはなし!」というのをどんどん決めていきましょう!

 

ちなみに僕らは、
・職場が同じ二人だった
・僕の友人は関東からの列席(式は関西で開催)

ということがあったので、まずは会場の場所を意識しました。

具体的に言うと「新幹線からのアクセスの良さ・会社に近い場所」ということです。

 

ここでだいぶの数が絞れました。

後は正味妻が気に入ったところを僕は後追いしてチェックしていましたね笑

妻が一番気に入っていた場所(=のちに結婚式場となるところ)は、「その場でゲストが料理の種類を和洋選択できるというサプライズがある」という特徴がありました。

 

何個か候補はありましたが、一番のお気に入りはその結婚式会場(【公式】アヴァンセリアン大阪)でした。
なので、まずはそこの式場の下見を予約。

 

たいてい、試食付き!とかのフェアがあるのでそれと一緒に申し込むといいです。


またこの際、行くところのWEBサイトも確認してみましょう。

プランの割引情報が載っていることが多いので、知識として一応身に着けておくと会場見学の時にも役立ちます。

2初回の下見では割引が付くことを意識

f:id:ichimaro10:20180417100902j:image

 もし、現時点で一番気に入っているときに下見に行く際。
気を付けてほしいことが一点あります。

 

それは、

「式場の方(おそらく新規顧客の営業担当がつくのであろう)は、その日に契約を交わそうと進めようとしてくる!!」

ということ。
それも直接的ではなく、間接的に外堀からジワジワとくるんですね~。

なので日本人の僕らは全然その人の営業に対して悪い気はしないし、寧ろ好感を持ちながら契約を考えてしまうわけです。

 

その場で契約する、しないに関わらず、ここの意識は事前に持っておくと考え方が多角的になります。あくまで結婚式もビジネスなわけです。

 

そしてその際、引き合いに出してくるのが

「今日限定の割引がある!」

ということなんですよね~。

 

つまり、今!決断する方が一番安い!ということを突き付けられる。

 

僕らは式場見学の際、正直会場のことをすごく気に入ったんですよね。
さらにそこで、今なら衣装や食事の割引着きますよ!ホテルも付けますよ!などど・・たくさんの割引を提示してくれる。


担当者さんの印象もすごくよくて、本当にお上手に進めてきます笑

 

ここで一回保留にして、他の式場を見に行って決めてもよかったんですが、
やはり「やっぱりここがいいよね!」となった時に、後悔するのが嫌だった。

 

結婚式のプランって、恐ろしいほどの桁単位で動くんですよ。
そういう割引も桁数が違う。。ここは正直馬鹿にならない額なわけです。

 

と、いうことで僕らはその場で2人で15分話し合い、即決しました★(笑)

 

みなさんも

「最初の下見では大抵、その場で契約限定の割引プランがついてくる」
ということは覚えといて、下見に行くようにしましょう!

3最終的には金額+女性側の納得

僕の価値観として、「結婚式はやっぱり女性が主役」 というものがあります。

 

なので、その式場を見た後の女性側の反応を大切にしてあげることが大事。
僕らの場合は、妻が見学の後その式場のことをすごい気に入っていたので笑
「他のを見るよりも、おそらくここかな~」という感じ。

 

だとしたら 割引のことも考えると、その日に決断しちゃうのが一番いい選択なはず。

 

ということで、そこで決めちゃったわけで訳です。
フットワーク軽いことも、大事大事!

 

ただ、自分らの収入面・ざっくりとしたご祝儀によるペイバック、必ずここは計算しましょう。

自分らがどのくらい実費で払う必要があるのか。

そこの見極めは重要です。

 

結婚式のプランを組むにつれてどんどん予算はかさんできます。
(大体ですが、提示された金額+100万でみておきましょう)
そのかさんでくる料金の内訳とかも、おいおい発信していきますね!

 

まとめ

 

結婚式場を決めるコツ

 

1ゼクシィ本で結婚式場を鬼チェック

2初回の下見では割引が付くことを意識

3最終的には金額+女性側の納得

 

を大事にしていきましょう!
結婚式は準備も楽しんで何より!

 

沢山下見にいくのもよし。ただ初回割引が大抵のところはあることを忘れずに。
最後は女性の意見を尊重して。

お2人に合った素敵な結婚式場を見つけてくださいね☆

 

いちまろ

>>>【結婚式】準備☆最初にすべき3つのこと。 
>>>【大学生ok】ポイントサイトでマイル貯めてハワイに行くぞ。