#いちまろ夫婦

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

社会人2年目で中古マンション購入した僕が教える、不動産投資を始める前に必ずすべき3つの準備!

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20180703212123p:plain

 

 

いちまろです!

 

2018年6月に中古マンション購入しました!
>>>23歳社会人2年目で不動産投資を始めた理由


同じように若くして不動産に興味がある人って、まれではあるものの、絶対いるかと思います。


しかし、一般的には不動産投資って、どんなに早くても20代後半から。
適齢が30~40才!と言われています。

年収ベースでいうと、年収700万頃からが一般的です。
少なくとも年収500万、貯金100万は絶対。

こんなことが巷の本や業界では言われています。

 

プロの投資家や大家が言うんだからそうだと思います。
間違ってないでしょう。

 

しかし。
僕、いちまろは社会人2年目・23歳・年収360万!というかなりの低スペックで始めているのです!!!
始めたかったから始める。買いたかったから買う、挑戦したかったから挑戦する。その気持ちをどうしても抑えれれなかった・・・。

 

こんな感じで、若いけど「不動産投資」を始めたい!という方にとって参考になるように、まずは不動産投資を始める・買う前に必ずすべきことを、僕の目線でお伝えいたします。

1. 不動産(投資)関連の本を読みまくる

まずは知識を付けまくって、自分を武装しまくりましょう。
ネットよりもまずは本で。

仕組みから簡単に解説されている様ような本から、実際のモデルケース・実践編を含めて、ひたすら読みまくります。

 本を読んで武装するのは、不動産投資に関するリスクを極力小さくしてあげるため。
僕ら若者は基本となる知識が、圧倒的に少ないはずです。

なのでひたすら本で吸収吸収。

僕も蔦屋書店で30冊くらいは全部で読んだかな。最後のほうは、もう実際買わなきゃ、動き出さなきゃわからんわ!!というところまで来ています。
このくらいまでの感覚になるまでぜひ不動産投資の本を読んで、基本的な知識を身に着けてください。

>>>本を買わなくても大量に読める2つ方法 

 

しかも不動産投資を始めて収入が出れば、書籍購入代は経費になります。
経費になると、利益分から経費を引くことができ、課税される分が少なくなってお得です。

2.実際に物件の価格を見て相場観を身に着ける

いくら本で勉強しても、実際に動かないと何も始まりませんよね。


なので賃貸サイト(所謂すーもや、ほーむずなど)で自分が興味ある地域の物件相場を調べていきましょう。

・1Kで、築○○年なら1000万前後か~
・この辺の賃貸価格って、68000円くらいなんだな~

みたいなイメージです。


できれば自分の住んでいるところから近いところ(通えるところ)がいいでしょう。自分は東京・神奈川育ちなのでその辺の土地勘はありますが、住まいが大阪なので、大阪物件を購入しています。

気軽に見に行けないと、やはりその物件が本当にいい物件かはわかりませんからね。

 

相場観を身に着けた方がいい理由は、物件を購入する際に、その担当者と少なからず同じ物差しを持って話せておいた方がいいからです。
あまりに土地勘がないと、うまく騙されてしまう可能性もあります。

3.資料を請求する→スタート!

だいたいの相場を身に着けたら、実際に不動産投資の会社や、マンションの仲介業者に資料請求をしてみましょう!
ここで、結構しり込みしてしまう人が多いですが、ここを乗り越え資料請求してみるのです。

そうしないとぶっちゃけ何も始まりません。

 

僕が最初に資料請求したのはRENOCYという不動産管理アプリで有名なGAtechnologiesという会社です。無料DVDがあったので、それ目当てで資料請求しています。

 

資料請求は

GA technologies 
TATERU Apartment
コンシェリア


あたりをまとめてしておくといいかと思います。
1社だけだと比較できず、多すぎると検討に悩んでしまうので。

 

自分は、初めての不動産投資①~GAtechnologiesで無料DVDを頼んでみた~ こちらでも書いていますが、結果的にプラスの経験をしています。不動産投資や・業界ってこんな感じか~と学ぶいい機会になりました。

 

そしてその後、別の会社さんに資料請求し、いい担当者様と巡り合えました。
そして購入に至っています。

 

この「いい担当者と巡り合う」ということは物凄く不動産投資にとって重要です。結局自分だけではなく、不動産管理の担当者さんと二人三脚で頑張っていくことが、成功の鍵。親身になって相談乗ってくれたり、アドバイスや提案をしてくれる人を見つけたいところです。

 

その第一歩が、会社さんに資料請求ですね。
緊張したけど、あのとき勇気を出して資料請求してよかったな~と思います。

まとめ

  1. まずは本を読む!
  2. ネットで相場観を身につける!
  3. 資料請求する!

これがまず大切なことです。
買う買わないは後でいくらでもできるわけです。

じっくり知識を身に着け、最後には行動。
若い大家!いいじゃないですか!一緒に頑張っていきましょう!

 

いちまろ

 

・【大学生ok】ポイントサイトでマイル貯めてハワイに行くぞ。 

・本を買わなくても大量に読める2つ方法