いちまろらんど

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

新卒でもok!ふるさと納税を超簡単に説明する。

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20171203101509j:plain

 「ふるさと納税」の季節ですね!

 

でも新入社員である僕らは、社会人の中で「ふるさと納税」に関しての知識が薄いです。
実はまだ何となくしか知らない人も多いでしょう。僕もその一人でした。


先日、同じく新卒1年目の、親友さりーちゃんが桜を眺めながら優雅に言ってきました。

f:id:ichimaro10:20171203101907j:image 

さりーちゃん
「ふるさと納税ってどこに納めればいいの?
納めなさいみたいなお知らせが、おうちのポストに入ってるわけ?

それでその代わりに肉を納めるっていうのもありなの?」

 

…肉を納める!!!

 f:id:ichimaro10:20171203102118j:image

ガビン。

 

…これはヤバイ。ヤバすぎるぞ、さりーちゃん!!!

 

ふるさと納税をさりーちゃんにも分かりやすく伝えて、さりーちゃんにもふるさと納税のメリットを享受してもらわねば!!


その使命感から、僕はふるさと納税についてググりまくりました。

 

そこで気づいたのが、どのサイトも詳しく書いているんですが、「詳しすぎてわかりづらい」ということ。

なので今回は、細かい説明を省いて、ふるさと納税に関して必要最低限の知識をここで書いていきます!

 

とはいっても、正直僕も曖昧にしか知らなかったので、いい勉強になりました。
ありがとう、さりーちゃん! 

ふるさと納税とは

すごく簡単に、分かりやすく言うと、

好きな地域の特産品を選んで買う!

最初は全額払うけど、最終的には自己負担2000円で、地域の特産品が買えるよ!

なんで2000円でいいの?
払うはずだった「住民税」から残りのお金が出るからだよ!


というシステム。

「ふるさと納税」っていうから少しわかりづらくなる。
「好きなふるさとへ寄付する、ふるさと寄付金」と置き換えた方が理解しやすいですね!
ざっくりこれだけ分かれば大丈夫!

 

ちゃんと説明すると、以下ですね。

「ふるさと納税」は「納税」という言葉がついていますが、実際には自治体への「寄付」です。

自治体に寄付をすることで、自分がお世話になった地域や好きな地域を応援することができます。また、自治体からは、寄付をしてくれたお礼として、地域の特産品などの返礼品が贈られてきます。さらに、寄付した金額の中から、2,000円を除いた額が、翌年の住民税から控除されます。

確定申告をしている方の場合、所得税の還付と住民税の控除が適用される場合があります。

ふるさと納税には下記の3つの特徴があります。

1.好きな自治体を応援できる。
2.返礼品を受け取ることができる。
3.税金の控除が受けられる。

ふるさとプレミアムより

 ※控除=差し引くこと

 

イメージは、払うはずの住民税を、ほかの自治体に納めて、返礼品をGET!!
ということです。

 

逆にふるさと納税を使わないと、ただ、住民税を払っておしまい。


そう、得しかない制度なのです!!!

新卒1年目でもふるさと納税できるの?

結論。
できます。

 

住民税は、昨年の収入に合わせて納める金額が決まる仕組み。
このため新入社員の場合は昨年は学生なので住民税がないんです。

 

ふるさと納税改め、ふるさと寄付金も、その年にやれば、翌年の住民税が控除される、という仕組み。

 

だから、今新卒1年目は住民税を払っていませんが、今年ふるさと納税を行うことで、来年の住民税が減額されるのです!

寄付金の限度額に注意!

ただし、所得(≒年収)によって、ふるさと寄付金ができる限度額があります。

簡単に言えば、
ふるさと寄付金によって50万円分のお肉買いました。2000円の負担だけでいいよ~!


なんてシステムはないんですね、当たり前ですが。。
年収が低い人は、それに合わせて税金も低いので、寄付できる金額も低めです。


新卒1年目の年収(4月~12月までの給料+ボーナス)の予想から、限度額を出してみました。(独身の場合)

年収200万…15000円
年収250万…21000円
年収300万…28000円
年収350万…34000円

右の数値が限度額。

つまり、この金額までに寄付金を抑えれば、負担2000円で済みます!
(例:年収が300万に近いなら、28000円まで買える!)

なるべく上限ぎりぎりを狙った方がお得ですね。


詳しく知りたい方は、ふるさと納税のサイトにある、シュミレーターを使って調べれます!

ふるさと納税・限度額シミュレーター

ワンストップ特例制度を忘れずに!

ふるさと納税で、特産品を買っても、自動で国がお金を出してくれるわけではありません。
そのままだと、普通にネットでお買い物しただけです。

そのためには「確定申告」をする必要があります。


社会人は、大抵の場合、確定申告は会社がやってくれます。だから僕らは確定申告になじみがありません。

だから、ちょっとめんどくさいし、どうやったらいいか分からないですよね。

そんなあなたにGOODNEWS、ふるさと納税のサイトに必ずある「ワンストップ特例制度」を使用しましょう。確定申告不要になります!


簡単に言うとサイトで、用紙をダウンロード。そして免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類の写し(コピー)を用意。

それを、ふるさと納税をした自治体に郵送。

これで確定申告不要になります!!


この締め切りが1月10日(必着)

 

なので、まだふるさと納税をしていない人は、なるはやでやらないとまずいんです!
急げさりーちゃん!!

f:id:ichimaro10:20171203103113j:image

(小籠包はあるかな…どうだろ…)

僕が今年ふるさと納税したもの

では、僕がふるさと納税した(ふるさと寄付金した)、返礼品はこちら!!

岐阜県 美濃加茂市のお米「はつしも」

いやー、お米は僕の中で即決ですね。必需品ですから。しかも日持ちするというメリット。

寄付金の用途は、「地域の子供たちの育成事業」に。

こうやって自分が払ったお金(=寄付金)の用途を指定できるのも、ふるさと納税の素敵なところです。

普通に買っただけで2000円以上するんで、もうそれだけでお得しかない!!

大阪府泉佐野市の「よなよなエール」

きたーーーー( *´艸`)!!
よなよなエール!!!至高のペールエールビールです。
中々普段は手が出せないから、自分のご褒美に選択しちゃいました。

こちらの寄付金用途は、「泉佐野市・本の泉プロジェクト」。子ども達が本を読む機会が少しでも増えればいいなぁ…と!

ふるさと納税で選べるお酒類は、ビール・発泡酒は勿論、ワイン・日本酒・ウイスキーなども充実してますよ!

ふるさと納税はこちらから

こんな感じで、ネットショッピング感で返礼品を選んでいくので、超簡単です。

大事なことは
・限度額を守る
・購入(=寄付)したら、必ず「ワンストップ特例制度」を利用し、自治体に書類を送付する

この2点だけ!


では、実際にサイトで、返礼品を選んでいきましょう!

楽天を普段使ってる方は、こちらからどうぞ。楽天ポイントもつくのでよりお得です。

 

>>>楽天ふるさと納税公式HP


楽天ユーザーじゃない方は、こちらのサイトをどうぞ!


>>>ふるさとプレミアムHP

 

ファッションアイテムの返礼品がいい人は、こちらでもできますよ!女性には嬉しいですね^^!!

>>>ファッションから支援・ふるさと納税エフスタイルHP

この記事を読んだ人がよく読む記事

絶対喜ばれる最強のプレゼントはカタログギフトだと思う。

ふるさと納税は米と肉だ!

Life Is Entertainment!!

いちまろ