#いちまろ夫婦

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

TRIPNOTEでトラベルライター始めました!

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20180502213438j:image

 

いちまろ(@ichimaroLAND)です!

 

ご報告なのですが、WEBライターとしての活動をスタートしました!

 

 

掲載メディアは、TRIPNOTEさん。

tripnote.jp

 

旅行記事に特化されたサイトです。
今回ご縁がり、僕もここに記事を掲載できるようになりました!

 

 

なぜWEBライターか

f:id:ichimaro10:20180502214322j:image

ブログを始めた時は、まさか他のサイトに寄稿できるとは思ってもみませんでした。でも憧れがあったのですよね、昔から。

自分の思いや経験を、自分のメディアだけでなく、より影響力のあるメディアに載せることができる。

 

WEBメディアで執筆している方々がすごくかっこよく見えたんですよね。
そんな単純な動機です笑

 

気付いたら僕の「達成欲」という資質が、行動を起こさせてくれました。

>>>強みを簡単に発見できるのは「ストレングスファインダー」 

 

そして選考と面接をパスし、トラベルライターとして認定されました。

これはめちゃめちゃ嬉しいことだし、何か1歩ステップアップした気がします。

記事の質を上げていかねば・・・インプットもせねば・・・(´・ω・`)

 

正直単価は別に高くありません。
時給換算でも恐らく相当悪いです。

 

でもお金云々ではなくまずはチャレンジ。そしてそこで記事を積んでいって、トラベルライターとして一個の信用を得ていきます。

 

きっとまたそこから自分のやりたいことや、他の仕事にも繋がってくるはずなので。

 

WEBライティングをするための第1歩

この近道はやはりブログでどんどん記事を書いていくこと。
これに尽きると思います。

 

最初は誰も見てくれません。
アクセス数もないでしょう。

 

でもほんとに少しずつですが、読んでくれる人がいます。

地道に地道に記事を書いていく。
楽しみながら書いていく。そうしていくことが唯一、「信頼」を得るコツです。

 

僕も大した記事はホント書いてないですが(書かないとなぁ・・・)、コツコツと仕事しながらも100記事以上書いてきて、少しずつ信用を得ていることを実感します。

 

WEBライターとして、もし活動を始めたい方がいたら、まずはブログを書き続けてきてください。

残酷すぎる成功法則がヤバイ

f:id:ichimaro10:20180502214347j:image

(写真は何も関係ない台湾の公園にて)

 

ブログを始めてから、いろいろな価値観に触れることができ人生もなんか少しずつ動いているような気がします。

ブログを始めようと思ったのも、本を読みだしたからで、やはり本の力ってすごいいなと感じるこの頃です。

 

最近は、

が、恐ろしく良書でして、めちゃはまってます。

楽天のポイントでDLし、iPhoneで読んでいます。
サウザーさんお勧めの橘玲さんが監修してるみたいで、そこがきっかけ。

 

何がすごいって、あらゆる実験・根拠を基に全部述べられているんですよ。
自己啓発書の完全版みたいな感じ。

 

そしてやはり、学校教育はだめですね。
学校って、与えられたものがそれ通りにできる人が褒められ、そういう人を育てるところ。

そうつまり会社員。会社員を育てるためのシステムなんですよ。
戦前で言うと、団体のいうことをきちんと聞く兵士を育てるためですよ。

 

堀江さんが同じようなこと書いてます>>>新入社員が読むべき7冊まとめ。

 

なんでやっぱり、僕も含めてそれに洗脳されているなーって改めて感じますね。

そして同時に、環境を選んで強みにフォーカスし続けた方が幸せだし、成功するって言ってますね。

>>>「さぁ才能に目覚めよう」は新卒必須だと思う。

 

僕の1番の強みで出てきた「達成欲」って、ネガティブに言うと、多分「飽きっぽい」なんです。
でも別にいいのかなって最近思ってます。

 

やっぱやりたいことたくさん手出すのが僕の人生であり、幸せなんですよね!

器用貧乏にならないようにはしないとだけど・・・(´・ω・`)

 

まとめ

そんなこんなで、すいません
とりあえず、言いたかったことは

 

TRIPNOTEでWEBライター始めたのでぜひ応援お願いします!
(結構便利なのでぜひアプリも落とすといいですよ~)

WEBライターやるなら、ブログまずは書こうね!

ブログ書くのもいいけど、やっぱ本からのINPUTは計り知れないよ!

はぜひ読んでほしすぎる・・・
 
 
という内容のお話でした。
 
 
いちまろ