#いちまろ夫婦

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

「あなたはとくべつ」が関係構築の鍵

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20180810163442p:plain

 

 

僕は最近出勤が午後からでして。

 

朝起きて、
納豆ご飯を食べ、近くのスタバ・マックに行き、
ブログを書き、
お昼ごろ出発し、会社に出勤、22:30頃に仕事終了、という生活パターンが多いです。

 

足しげくスタバに通っていると、
店員さんとも馴染みになってきたようで。

 

マイタンブラーをもって、そこにコーヒーショートと、氷水をマグカップ提供してもらう、が僕のスタイルでした。この辺の理由に関しては

>>>スタバではコーヒーSHORTしか頼まない 

この記事に書いているので、よければお読みくださいまし。
決断疲れを極力減らしてあげること。

 

で、今回に関しては、もらったドリンクチケットがあったので、せっかくなので、いつもと違うものでも飲もうか~思って、レジ前で悩んでいたんですよ。もちろんTALLあたりにしようとしたので、タンブラーは無しです。

そしたら、お店の方が、上のツイートみたいな声掛けをしてくれたんです。

 

これってうれしいですよね~。
これがゲストサービスの真髄な気がします。
彼女は、僕のことを、「客」という群衆でくくるのではなく、同じ客でも「個」としてくくってくれたんですよ、おそらく無意識に。

自分もこういう声掛けを、ゲストにしていきたいものです。

 

関係構築するうえで大切なのは、1対1

関係構築するうえで結局大切なのは、
「自分にとってあなたは大切ですよ。特別ですよ」と伝えてあげる、示唆してあげることなんですよね

 

人は、誰でも大切にされたらうれしいもの。

グループラインに、何かを投稿して反応が薄いのは、群集としてみているからです。
人はいつでも個、そして個の集まりが、全体なだけなのに、
人を群集としてみるから、それぞれの個に対して、響かない。

なので反応が薄いことは、至極当然のことなのです。

 

部下がたくさんいても、
「部下」として全体でくくるのではなく、
部下の○○さんと、必ず個人個人で考えてあげる。

もっと、自分以外の人を、「他人」でくくるのでなく、
「個」として見ていけば、密な関係性が生まれるんですよね。

 

自分の力になってほしい、
関係を強化したい、
そんな人に対して、まずこの「特別」をしっかり伝えていきたいっすねぇ。

 

いちまろ