いちまろらんど

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

健康が一番大切なので「2018年食べる・食べないリスト」を作った。

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20180107102550p:plain

 2018年!おめでとうございます!

いつも当ブログ「いちまろらんど」を読んでいただき、ありがとうございます!!
今年も「大学生と若手社会人に有意義な暇つぶしを」をテーマに、のらりくらりと記事を書いていきますので、どうぞ暇なときみてくださいね^^

有意義な情報をGIVEできるよう頑張っていきます!

 

さて。

2018年、みなさんもう目標は立てたでしょうか?
立ててない方はぜひ「やらないこと」を決めていきましょう!

>>>目標を立てるなら「やらないリスト」に変えて挫折とおさらば。

 

ただ、「やらないこと」にしても、目標をたてるにしても、最低限整えなきゃならないものがあります。
これなしに、目標達成はありえない。

 

そう。

 

 健康!!

 

Nothing is more important than HEALTH

 

なんか中学生くらいの時に習った英語構文(笑)

ということで、健康の中でも「食事」に着目して

・2018年積極的に食べる3つのもの
・2018年食べるのをやめる1つのもの

を紹介していきます。

 

なお、こちらの本から学んだことをふんだんに参考にしております。
(>>>医者が教える食事術 最強の教科書

 

積極的に食べるもの

①高カカオチョコレート

f:id:ichimaro10:20180107103820j:image

「カカオ」と言えば、チョコレートの成分ですが、元々は「薬」として使われてたんですね。

だから、チョコってめっちゃ体にいいんです!!

チョコ食べながら、健康にも気を使えるってマジ最高じゃないですか?
ただ、普通のチョコはカカオ以上に砂糖が入ってますので、積極的には摂取しません。

食べるのは、高カカオ入りのチョコレートです。

 

具体的には、高カカオチョコに含まれる「カカオポリフェノール」が体にいいと言われています。

・血糖値の上昇を抑える(血糖値が高いと、いらいらもしやすいと言われています)
・集中力・リラックス効果UP
・がん・認知症予防
・美肌効果(抗酸化作用)

などが効能でしょうか。詳しく知りたい方はググってもらったり、上で紹介した本を読んでください。

とにかく、チョコは体にいいんです!しかも、僕自身、いわゆる甘いチョコがそこまで得意でないので、高カカオ入りのチョコは元々好きでした。

森永製菓 カレ・ド・ショコラをめっちゃ食べてます。
個人的に価格の面・味の面からも、カレドショコラが一番好き!

 

2018年積極的に買っていきます!

②ナッツ

f:id:ichimaro10:20180107103832j:image

2018年、僕はリスになります!!!!

小腹が空いたとき、積極的にナッツを今年は食べていきます。

 

ナッツの効果
・ビタミンEが豊富(アンチエイジング)
・ビタミンBが豊富(肌荒れ防止・代謝UP)
・食物繊維豊富(腸内環境整備)
・ミネラル豊富(カルシウム・鉄・亜鉛など)

とにかく豊富三昧。

 

お腹がすいたら、「お菓子」ではなく、ナッツを。
ポテチや、菓子パンは糖質だらけで、栄養もくそもありません。

同じ小腹がすくなら、健康にいいもので満たしましょう!

ナッツは、縄文時代から食べられてきたと言います。昔から食べられているものは基本的に健康にいいもの。なぜならそれだけを食べても、ここまで子孫が繁栄してきたわけですから。


加工技術が近代になって進み、料理は多彩に味も美味しくなりましたが、その分、体に害をもたらすものもたくさん増えました。

 

今こそ、縄文時代へ回帰。ナッツを食べましょう!

③納豆

f:id:ichimaro10:20180107104814j:image

 納豆は人によって好き嫌いが分かれる、代表的な食べ物。

ちなみに僕は子供のころから大好きです。(笑)最近は食べてなかったのですが…

 

この納豆も、調べてみると超健康食品なんですね!

・ビタミンB群豊富
・ナットウキナーゼ(納豆だけの栄養素。血栓予防)
・納豆レシチン(排毒効果=肌をきれいに)
・カルシウム豊富(骨を健康に)
・イソフラボン(女性ホルモンを健康に保つ。乳がん予防)

などなど…

健康界の王様なわけです。

医学博士の牧田先生も「大豆は健康を考える上では、100点の食べ物でしょう」といっています。

缶コーヒーをやめる!!

f:id:ichimaro10:20180107104930j:image

普段何気なく飲んでいる缶コーヒー。

 

缶コーヒーって、実は超、体に悪いんです。

 

缶コーヒーだけでなく、他のペットボトル飲料にも言えますが、そういった容器に入っている「コーヒー」はカフェで売られている「コーヒー」とは全く別物。

缶コーヒー=コーヒー味をした「大量砂糖塊溶け液体」

という事実を知っているでしょうか。

 

例に出すと、ペットボトルで売られているカフェオレ飲料。
大体角砂糖にして11個が入っていると言われています。

 

角砂糖11個です。やばくないですか。

 

人間は空腹時に必要な糖質は約4gと言われています。

それだけでいい糖分が、カフェオレを飲むことで一気に血糖値が上昇する。

 

血糖値が上昇すると一時は「ハイ状態」になります。
所謂レッドブルを飲んだ時みたいな感じ。
テンションが上がったり、集中力が増したりするわけです。

 

この一気に上がった血糖値を正常値に戻すため、「インスリン」が働きます。

一気に上がった分だけ、今度は一気に下がるんですね。
つまり極度の低血糖状態に陥ります。

 

低血糖になる
→イライラ・体がだるい・頭痛・眠気・空腹感・吐き気・・・

等の症状が出てきます。

 

そして、それを上げるためにまた大量の糖分を摂取する・・・

 

おわかりでしょうか。

糖質のデフレスパイラルに!!!!

 

言わずもがなですが、日本人が糖質中毒になればなるほど、飲料メーカーは儲かるわけです。
缶コーヒーは、「糖質中毒になるように完璧に設計された飲み物」。

 

一時のハイ状態を得る以上に、低血糖で被る莫大なパフォーマンスパフォーマンス低下がある。

 

もう、缶コーヒーを飲むのはやめます。
コーヒーが飲みたければ、けちけち市内でスタバなりタリーズなり、ちゃんとしたカフェ店で、おいしいコーヒーを飲めばいいんです。

 

まとめ

当たり前ですが、普段の食事であなたの体は構成されています!

 

健康にいいもの・悪いもの。健康にいい調理方法・悪い方法。
あげればキリがないです。

全部に気を使う方が正直健康に悪い気がしますよね。

 

だからこそ、数個に絞る!!

そうすれば絶対意識できますから。

ネットで読む情報よりも本からの方が情報としては正しいので、書店で気になった本を一冊でもいいので読むことをお勧めします。健康面に関しては特に。

(誰が書いたかわかるので、その文章に責任が生じるから)

 

僕が読んだのはこれ。

 

Amazonでベストセラー1位だけあって、学ぶことだらけの本でした。
よかったら読んでみてくださいね!
>>>Amazonでレビューをみる

 

 

健康は、自分がしたいことをするための必須条件。

2018年、何を食べるか・食べないか。決まったらぜひ教えてくださいね~!

 

この記事を読んだ人がよく読む記事

睡眠の質をスタンフォード式で改善! - 

猫背は病気だ。矯正にマジで取り組んでみる

Life Is Entertainment!!

いちまろ