#いちまろ夫婦

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

【いちまろ夫婦】妻の独り言。

スポンサーリンク

 

いちまろ夫婦の妻、しみーです!

 

もう夏が終わりますね。
仕事柄、まだ暑い日は続いてはいますが
もうハロウィンだなと感じているので秋に季節は変わっている。
そんなこんなで毎日過ごしています。

ちょっと今日はわたしのながーい独り言を書きます。笑

 

 

社員として新しい場所に異動して初めての夏。

ある上司に言われて、心に響いた言葉があります。
自己犠牲


この言葉だけ聞くと、何事って感じですよね。笑
今まであんまりいい言葉だとはね、正直思っていなかったのです。
なんでしょう、悪いイメージの言葉ですね。

 

 

でも、上司は違ったんですよね。

わたしの立場は役職で言うと社員の中でも下っ端の人間。
でも、実際にはさらにアルバイトとして働いてくださる人が
何人もいてくださるわけです。

言い方は変かもしれませんが、そのアルバイトの人たちがいて
そして私たちは存在しているわけです。
これって普通の企業でサラリーマンをしていたらそんなことないのですが、
サービス業というか、レジャー業だからこそある特別なものですね。

だから社員でまだまだ抜けている部分が多いですが、
リーダーシップをとって、引っ張っていける人間にならないといけないわけです。

でもね、これが難しいんですよね。
一緒にやるとかはね、好きなんです。(得意なわけではない)
でも、指示をだすとかってなんか・・・よっぽど信用して信頼してもらえる関係
を築けていなかったらできないなと思うのです。


上司にただ偉そうに言われるのって嫌ですよね。笑
信頼している上司に言われると、すぐに動こうと思えるし、
わたしの場合は悔しくてしょうがなくなるのです。笑
この人にまだ認めてもらえるだけの力が身についていないのかと
思うと悔しすぎて、また活力になるというタイプです。


で、そんなこんなで信頼関係を築けるようになりたいと思い
行動しようと決めて動くのですが、そこで上司に言われたのが
その【自己犠牲】という言葉だったわけです。

 

わたしは彼にもよく言われて少し悩むときもありますが(笑)
間違いなく仕事が好きだと思います。
それはたぶん、今の職場の働くいわゆる部下となるメンバーが全員素敵だから。
これが一番なのではないかなと思うわけです。

たまたま今まで働いてきた箇所(期間限定も含めると4ヶ所)
どれも最高でして、わたしにとっては本当に恵まれすぎている職場ですが
今年出会えた職場も最高な仲間に囲まれているわけです。

そのメンバーに対し、ちゃんと返せているのか。
感謝の気持ちが伝えれているのか。悩みますね。
もっとわたしができることがあるのではないかなと思います。

指示をだすとかね、そういう存在なのはよくわかっているのですが、
私の場合は半歩だけ早く歩いて道を作りながら一緒に歩く。
その中で少しでもみんなが仕事しやすい環境を作れるように尽力する。

これがわたしなりの働くことに対する考え方なのかなと感じたわけです。


自己犠牲って別に自分を苦しめているとかではなくて、
自分だけが日常、楽をしていないかどうかってことですね。

毎日、みんな以上にちゃんと働けているのか。
考えて動けているのか。

常に自問自答しつつ、感謝の気持ちをもって働いていきます!!

 

なんて宣言していますが、
仕事に熱をいれすぎて、日常生活に支障をきたさないように。
しっかり彼とのプライベートをもちろん一番大事にします^^

 

しみー