#いちまろ夫婦

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

【保存版】就活生が利用して差をつける4サービスまとめ

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20180203153525p:plain

 テーマパークブロガー、いちまろです!

 

いちまろ就活塾で、様々な就活のアドバイスを実体験を基に書いています。

いちまろ就活塾 - 

 

その中でやっぱり思うのは、「就活」をビジネスにしている企業は、サービスの質がやはり高いということ。無料にも関わらず。

 

そして今回読者さんから、お勧めのサービスをまとめてほしい、という声をもらいました。

 

てことで、自分的に「あ、これ登録しても損ないなー」というサイトを一挙4つまとめてみました~!

1,就活ノート

僕のブログをよく読んでくれている読者さんは、もうお馴染みの人も多いはず!

 

こちらの記事で詳しく書いたんですが>>>通過ESを1000社分見れるサイトがあって超後悔している件。 

一番反響が大きいです。

 

簡単に紹介すると

1、1000社を超える企業の通過ES実例
2、就活の情報が網羅された就活特集記事
3、先輩がまとめたリアルな選考情報
4、いざという時のための就活の心得・マナー
5、業界で活躍されている就活のプロが語るコーナー

 が主に一気に閲覧できるサービスなんですね。

 

僕の中で面白かったのは

 ・【人事は話を聞いてない!?】こいつは採りたい!と思わせる秘訣

 というコラム。なるほどそうだよな~と思いました。

 

マイナビと共に登録しておきたいサイトですね。

>>>就活ノート公式サイト

 

2.肉リーチ

肉リーチ知ってますか!? 

「【肉食就活】お肉を食べて就職活動にはずみをつけたい学生さん、集合」と謳うサービス。

この下の画像で有名です。

 

 

・・・・え????

 

肉食べれる???わけわからないwwww

 

簡単に言うとこの肉リーチ、 

・お肉を通じて人事と深いコネクションを作ることが出来る。
・プロフィールを登録しておけば、後は待っているだけで企業からスカウトが届く。
・人事の方とお肉を共にすることで、打ち解けながら、企業研究をすることも可能。
・これまで考えてもみなかった企業からスカウトが届き、話を聞けば視界が大きく広がる!

 

というもの。

 

就活って交通費やらスーツ代やらでお金飛びますからね・・
下手にOB訪問なんかするより、お勧めな気が。

 

しかし、どうやらこのサービス学歴フィルターがあるっぽいです。(いちまろ調べ)
国公立と私立だったらMARCHより上じゃないと、お誘いが頻繁には来ない仕組み。

 

逆に早慶上智などに通う方は可能性がより高いわけですね。僕の後輩ラッキー!!

まぁ正直学歴フィルターなんてくだらないもの早くなくなればいいと思ってますがね。

 肉リーチ公式HPはこちらからどうぞ


3.ねっとで合説 

大手が開く合同説明会ってマジで無意味と思ってます。

合同説明会には行くな!賢く会社選びができる3つのツール。

こちらの記事にも書いていますが、時間と体力の浪費だと思っています。

 

だったらWEBサイトで見たり、
僕が紹介する「ねっとで合説」を使えばいいと思います。

>>>ねっとで合説公式HP  

 

メリットとしては

1、いつでもどこでも企業研究ができる(時間に縛られない)
2、動画で企業の雰囲気を理解し、企業研究は3分でできる。
3、合同説明会にいかなくても企業のことがわかる


今は昔の就活とスタイルが違います。


スマホが生まれ手軽に動画を見れる時代。
だからこそ、こういうサービスを利用すべき。

自分の時間を効率よく使ってほしいんです。
大学時代、貴重ですよ。

 4キミスカ

最後に紹介するのは、新卒ヘッドハンティングサイト「キミスカ

これもこちらの記事で詳しく書いています。>>>【就活】「逆オファー」待ちすれば楽になる。

 

簡単に説明すると、

「キミスカ」は、ヘッドハンティング会社が運営する新卒の就職活動サイト。

プロフィールや選考の状況を開示することで、企業から特別選考のスカウトをもらうことができるんですね。

自分で応募する、プラス、オファーを待つ(→興味ある会社だけ受ける)という選択肢を持てば一気に就活が楽になります。


希望すれば就職コンサルタントが自己分析からES添削、面接対策まで徹底サポートを受けることができるので、行き詰ったら利用するのも選択肢とありかと。

>>> キミスカ公式サイト

最後に

以上4つが、就活生が利用すべきサイトまとめですね!

就活生に、役立てばこの上なく嬉しいです。

 

だけど、全部は駆使できないしすべきでない。とりあえず登録してみて自分に合うものだけ活用してください!

スマートに行きましょう!

この記事を読んだ人がよく読む記事

就活に必須なお勧め本7選、まとめ。