#いちまろ夫婦

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

【26歳独身女性】マンション購入を決断しました

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20180903235902p:plain

 

いちまろ夫婦のしみーです!

不動産のお話はこのブログでも彼がしてくれていますが、
このブログを読んでくださっている人の中で、
不動産に興味のある方っていらっしゃいますかね?

 

 

 

わたしは実は不動産をもつというのが、
結婚するよりもとても大きく意識としてありました。笑


24歳ぐらいからかね、けっこうマンションの広告とかWEBサイトとかね
見るようになっていたのです。

 

会社でも興味がある発言をしていましたが、
たぶんあの時は誰も買うなんて思ってなかったと思います。笑

マンションを買うって人生かけてのお買い物なわけで、
もちろん自分の貯金とか年収とか踏まえてもローンをがっつり組む
しかないわけですからね。
なかなか独身の女性がすぐに買うかと聞かれると買わないですよね。

 

でも、わたしは結婚するよりも前に26歳になるときに
新築マンションの購入を決めちゃっておりました。
(2019年1~2月ぐらいに完成予定のマンション!)

ちなみに、まだこのときは彼とは出会ってもいなくてなので、
結婚なんてまだ考えてはいなかったときですね。

 


なんでこんな決断をしたのかと言われると、

自分の資産となるものを持っていたかった

というのが答えです。

 

資産ってさまざまなものがあると思うのですが、
私の中では将来のことなど考えたときに
しっかりとお金を作ることができるものを持っていないと
将来が不安だなと社会人になってすぐに感じました。

 

会社の中でもちろん偉くなれば別だと思いますが、
会社員という枠組みでいると、
たくさんたくさん働いて稼げる金額ってだいたい決まってますよね。

 

今趣味である旅行とか、お金を使ってと考えたときにもちろん、
貯金したりもするけれども将来働くことがなくなる年齢になって
お金に困って自由に遊んだりできないなってなるのは嫌だなと
単純におもったわけです。お金が無限にはないですからね。

 

 

そうしたらもう今のうちに資産となるものがあればと思うようになり、
マンションはしっかり場所(利便性含め)など考えて購入すれば
自分が住むのもだけど人に貸すこともできるなと。

そうすればお金を生み出すことにも繋がるなと考えたわけです。
安易な考えですよね、笑

 

でもこう考えたところから、わたしのマンション購入の道は始まるのです。

 

 

わたしの勝手なルールがあって。

絶対に失敗して倒れて、立ち上がることが困難になることはしない。

でも自分のしてみたいと思ったことはできる限り前向きにチャレンジする。

 

これは夫婦生活も一緒で、

彼のしようとすることには応援するし一緒にしたいと思うし。
でもこれは無理だと絶対に分かるものには本人にちゃんと伝えて、
違う方法やモノを選んでもらうようにするっていうね!

こんな考え方なわたしなので、
マンション購入をすると決めて、たくさんWEBサイトを見て、
心惹かれたあるマンションのモデルルームに1人で予約を取り
見学に行くという展開となっていくわけです。

 

マンションを買うことがいいのか、悪いのか、
それはわからないですが。笑


ただオススメするポイントとして言えるのは、
家賃代ぐらいの金額でローンは組めるし若いうちから組めば
定年ぐらいまでで支払いが完了するというのはとてもメリットだな。


ぐらいですね!

 

わたしの不動産のお話は、またちょこちょこ書いていきたいと思います。
資産のために購入すると言ってもお金が裕福にあるわけではないので、
もちろんそのマンションが完成したら住んでローン返済を頑張ります!!

なので彼の購入したマンションは賃貸に・・・
わたしの購入したマンションは住居に・・・

 

で進めている、そんなわたしたちですね。

その後どうなるかはまだまだ分からないところだらけです。笑

 

しみー