#いちまろ夫婦

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

マンネリ化をなくすWNGF理論に関して

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20180908130933p:plain

いちまろです!本のアウトプットです。どうぞ! 

機械のように努力し続けられたらいいのに

そう思ったことが、ごくたまにある。
努力し続けられない自分に嫌になるのだ。

 

退屈が起きるから
意欲が低下するから

何事も努力し続けにくくなる

 

これがいわゆるマンネリ化である。

 

じゃあマンネリ化しないことって何だろう、
って思うと、「好きなこと」とおもうかもしれないが、ちょっと違ったりする。好きなことだってマンネリ化する。

マンネリ化をなくすためには?

 

f:id:ichimaro10:20180908131254p:plain

やっぱりゲームだ。
ゲームは、人を熱中させる要素が詰まっている。

 

思い返せば子どものころ、ポケモンやパワプロ・桃鉄などにはまってた時があった。やってる最中はものすごく時間がたつのが早いのだ。ゲームはやりすぎたらダメ(スポーツなり、勉強なりをしなきゃだめ)、みたいな感じを自分でも思っていたから、ハマりすぎることもなかったが、

ただ純粋に楽しんで、自らやりたい、と思える、改めてすごいヤツなのである、ゲームってのは。

 

ゲームじゃなくても、熱中した状態ってのは時間が過ぎるのが早い。これをフロー状態っていうのだが、フロー状態に入りやすいのが、ゲームなのである。

 

てことは、
日常をゲーム化すれば、退屈な瞬間を愉快なものに変えられる。
例えば、仕事でもワクワクを保ちながら行える。

面白いゲームの条件

f:id:ichimaro10:20180908131225p:plain

そのゲームは面白くないといけない。
面白いゲームには4つの条件がある。

 

  1. Winnable:勝てること
  2. Novel:斬新であること
  3. Goal:目標
  4. Feedback:フィードバック

この4要素がそろうとき、面白いゲームができる。

1.Winnable

勝てること。

 

優れたゲームは、プレーヤーが勝てるデザインになっている。
努力すれば、勝算があると判断できる。
つまり、楽観的になれる根拠が得られる。

 

もし、勝算が見込めないゲームなら、自分が何をしても意味の内容に感じる。その場合は、勝てるゲームに自分が持ち込むしかない。そしてそれに取り組むのである。

2.Novel

斬新な課題

 

優れたゲームには、新たな敵であったり、困難であったり、功績が用意される。常に目先の変わったものに刺激を受け、興味がそそるようになっている。

 

同じゲームを、同じステージを、同じ日常を、繰り返すから飽きる。
マンネリ化が生じるのである。

 

人は、いつも楽であることを求めるが、本当の幸せをもたらすのは「刺激」と言われている。もし何かマンネリを感じているのなら、何かを足してあげるとよい。

新たな課題が、自分のゲームを面白くする。
結局は、自分の爪痕を残したいのだ。

3.Goal

目標。

 

目標があるから、それに向かって意思決定ができる。
ゴールのない、ゲームなどない。


ゲームは失敗するから面白かったりする。
それもゴールがあるから「失敗」という概念がうまれる。

4.Feedback

フィードバック。

 

「大きな功績にしか関心を示さない人よりも
小さな成果を細切れに感じている人の方が、人生に対する満足感が高い」

 

と言われている。

 

小さな成功・レベルアップを実感するから、ゲームは楽しいのである。
だから、課題に対してもフィードバックを求めるといい。
上司に一定の頻度で評価を確かめることも、それにつながる。

 

フィードバックが、人にゲームを続けさせる。

残酷すぎる成功法則

 こちらの本からのアウトプットでした。
2週目してます。
本当に面白い・ためになる本は読み返すと味が出る本ですね。

 

そのとき、その自分に対して、違った何かをくれる本。

いちまろ