いちまろらんど

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

猫背は病気だ。矯正にマジで取り組んでみる。

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20171111150406j:plain

猫背ブロガーの、いちまろです。


子どもの頃から姿勢が悪いです。


もしかしたら、身長が思うように伸びなかったのもそのせいなのかもしれません。
(身長168㎝でございます…トホホ…)

 

 

でも、正直猫背でも問題があるのは、「見た目」だけかと思っていました。


しかし、違ったんです。

 

猫背は諸悪の原因だったのです。

 

悪①:肩こり腰痛

 

f:id:ichimaro10:20171105161557j:image
何と言ってもまずは肩こり・腰痛。
姿勢が悪いことにより、一部の筋肉に負荷をかけ、その結果肩こり・腰痛を引き起こします。

 

チェックしてみましょう。

 

胸の外側斜め上の筋肉(脇の横)をグリグリと押してみてください。

 

f:id:ichimaro10:20171105161624j:image


痛かったですか?
痛かったあなたは、普段から肩が内側に入っている人です。


肩が内側に入り、首が前に出る典型的な猫背。

 

 

勿論僕はめっちゃ痛かったです。

 

 

後は、頬杖をついたりや、足を組んじゃう人。

これも体がすでに歪んでいる証拠です。
猫背を直したければ、今すぐその癖をやめましょう。

 

 

悪②精神的に不安定になる

 

猫背の人は、精神的に不安定になりやすいんです。

 

不安定というと大げさですが、不安を抱えたりマイナス思考になったりしやすくなります。

 

 

この理由は、姿勢がいい人と比べて、呼吸が浅くなるからです。

 

猫背によって横隔膜が潰れ、酸素吸入率が下がり、脳の活動が低下する。これが精神的に不安定になる原因の一つなんです。

 

「姿勢を伸ばすとしゃきっとする」


つまりこれって、案外気分的にだけでなくて、医学的にも根拠があるものなのです。

 

もう猫背は百害あって一利なし。


僕は、猫背を本格的に直すことを決意しました。

 

猫背矯正法①整骨院

 

f:id:ichimaro10:20171105162422j:image 

本気で治したいなら、まずは整骨院に行くことをお勧めします。


僕が猫背を直そうとしたきっかけは、肩こりでした。

 


もう仕事が終わると肩こりがひどすぎて、ひどい時は頭痛を起こすほどに。
寝れば少しは回復できるものの、日々こりが蓄積し、もう限界を迎えていました。

 

そして、僕は初めて「整骨院」に出向いたのです。

このサイトを見つけ、最寄りの整骨院を探し、手っ取り早く予約を済ませました。

【EPARKからだリフレ】

 

今現在、整骨院で週2回、電気マッサージ・マッサージ・骨盤矯正を行ってます。

 

整骨院の先生に言われたのは

 

・肩こりはすべて姿勢が悪いことが原因
・体がゆがんでることにより、肩こりを中心に弊害が発生している
・20代から筋肉は退化していくため、今のうちに正しい姿勢に矯正する必要がある

 

とのことでした。


逆に、今からでも20代前半ならまだ間に合うというのが意外でしたね!

 

しかも骨盤矯正は保険が適応されるし、僕の行ってる整骨院ではマッサージも1回500円しない。

 

整骨院最高すぎ。

 


もう10月から7回通ってますが、姿勢を正すのが苦じゃなくなってきたのが分かります。


勿論施術終わりは、めっちゃ体も軽いです。特に電気マッサージは最高です、筋肉の奥まで微細な振動で効いていきます。

 

 

自分の体を定期的にケアすること、社会人にとっては大切な投資だなと痛感しました。

 

猫背矯正法②超「姿勢」力


超「姿勢」力という本で、同時並行して自分の体を整えなおしています。

 

f:id:ichimaro10:20171105162027j:image

 

コンセプトは

 

「4週間で猫背を治し、ブレない体と思考を手に入れる」

 

 

正直4週間は言いすぎな気もしますが、記載されているトレーニング方法はめっちゃ分かりやすいです。


所謂トレーニング本というわけではなく、姿勢が悪いことによる弊害や、姿勢が及ぼす仕事への影響なども詳しく書いているんです。


冒頭に書いた情報は、ここから学んでいます。

 

 

そして、この本がポイントとしているのが「ブリッジ」


姿勢が悪い人は、両手両足付けたブリッジができないんです。

 

舞台をやっていた時も、周りはブリッジができる人がたくさんいましたが、僕は全くできませんでした。


背中が固すぎて、お腹が上に上がらないんです。

 

思い返せば、ブリッジができてた人は、バレエ経験者だったり、体の柔らかい人たちでした。
その人の共通点は、やっぱい「姿勢がいい」ということ。

 


ブリッジができるようになることが、体の各ポジションを正しい位置に戻せることを意味しているんですね。

 

 

ということで、この本では「ブリッジができるようになる」ということを目的に、週ごとに取り組むストレッチや筋トレを教えてくれてるんです。


僕はまず、「肩甲骨を柔らかくする」ということをターゲットにし、無理のないストレッチに毎日励んでいます。

大切なのは日常の意識化


とはいっても、大切なのは普段から自分の姿勢を意識できるかにかかってくるわけです。

 

いくら整骨院に行ったり、猫背の為のストレッチをしても、それは言っちゃえば「練習」にすぎません。


じゃあ、本番はいつなのか。

 

そう、日常ですよね。


普段の生活こそが、本番なわけです。常に本番なわけです。

 

だからこそ、ふとした時に、自分の姿勢をチェックする癖をつける癖が必要です。
「超姿勢力」の著者の、重森先生もそう仰ってます。

 

周りの人を見渡してみてください。
日本人って、ほんとに猫背ばっかです。首が前に出て、背中は丸まり、肩は内側に。


電車で座ってスマホを見る人たち。同じようにひどい姿勢をしています。

 

それを見て自分の姿勢を正すわけです。
「あ、自分は、あんなに姿勢悪かったんだな…」と。

 

 

僕はとりあえず半年計画で、脱猫背していきたいと思います。
猫背の方、一緒に猫背治して、健康な生活、前向きな生活を送っていきましょう!!


この記事を読んだ人がよく読む記事

究極的な休息法は「休む」ことではない!

音痴がカラオケを克服できる5つの法則!

30記事達成!初心者ブロガーが持つべき3つのマインド

 


Life Is Entertainment!!

 

 

いちまろ