#いちまろ夫婦

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

堀江貴文のお勧め本7選と、読まなくていい1冊まとめ。

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20171111144936j:plain

2018.07.09更新
 

 

いちまろ夫婦・夫のいちまろです。


読書好きとして、堀江隆文(ホリエモン)さんの本を5年分読み漁りました。
堀江さんの文章や考えはとても鋭く、読んだことがない人はぜひマストで読んでおきたいものばかりです。以下のリストを見て、興味あるやつから読んでいくことをお勧めします。

 

逆に、他の著書で書かれていることの繰り返しで読まなくていい本があるのも事実です。

僕が自信をもってお勧めする堀江さんの著書6冊と、読まなくていい本1冊を紹介します。

読むべき6冊

1.ゼロ

 
「これまで僕は、精いっぱい突っ張って生きてきた。弱みを見せたら負けだと思い、たくさんの敵を作ってきた。自分でもわかっている、どこまでも不器用な生き方だ。そして逮捕され、全てを失った。」
 
意識高い系が苦手な人向け
尖ってる堀江さんのイメージを持っていると、驚愕します。
すごい、人間味あふれる内容になっているんです。
 
というか堀江さんも僕らと同じ「心の弱い人」なのだとわかる。最初は僕らと同じ、「何もない人」だったということが分かります。
 
 
いわばこの本は、堀江さんが逮捕されてから感じたものをありのままに書いた、伝記。
 
堀江さんの著書の中でも、極めて大衆よりで、優しい言葉で書かれています。
堀江さんの本の中で一番売れているというのも納得。

 

2.本音で生きる

 
「まぁ、パッと読んで、気づいて、この本は捨ててしまう、くらいが、やっぱり一番いいと思う。」
 
ホリエモンの本が初めての人向け
堀江さんが「あなたが好きなように行動する」ということにフォーカスしまくった本です。
 
だから他の堀江さんの本よりも、言いたいことが絞られていて、分かりやすい。
僕も、堀江さんの本を初めて読むならこの本がいいと考えています。

>>>ホリエモン本!初めて読むなら「本音で生きる」

Amzonでも★4以上が70パーセント以上を占めているのが納得の本です。

 

人生を変える言葉

 
「これだけ言っても、なかなか動き出そうとする人は少ないものだ。そのことに無力感を覚えたこともある。それでも私は、これからも諦めることなく、メッセージを発信し続けていきたいと思う。」
 
読書が苦手な人、短時間でさっと読みたい人向け
この本はいわば「堀江貴文・格言集」
 これまでの堀江さんの発表書籍、ブログ、メルマガから抜粋した言葉の辞書。
 
それが207個も詰まってるんで、だいぶお得な感じがします。コスパ良すぎ。
日本人って「まとめ」的なもの好きじゃないですか。
 
僕的になるほどなぁと心打った言葉は
 
「ネガティブなことを考える人は、暇なのだ」
 
最近僕もうじうじ考えることが多いのですが、考えるより行動に没頭した方が気分も晴れるし、自分自身も進める。
 
堀江さんの尖った格言207個の中から、あなたの好きな言葉を手軽に発見でき、行動を変えるきっかけになる本ですね。
 
とにかく1ページ1格言なので手軽に読める。
最高。

 

3.多動力

 「サルのようにはまり、鳩のように飽きよ」
 「尖りword」をビンビンに感じたい人
「人生を変える言葉」より、より少なく・より濃厚に、堀江さんの思考が詰まってる本です。
 
ベストセラー「本音で生きる」のインタビューが心底退屈だった、といている中、この「多動力」は渾身の力で書いた。と言っています。
 
それだけあって、他者との軋轢を恐れず自分の信じたことを、これでもかと書いています。
批判する人は批判するでしょう。かなり尖ってます。
 
色んなことに挑戦したい人、人生を楽しみ尽くしたい人だけ読めばいい本だと思います。

4.すべての教育は「洗脳」である

 
大学生と若手社会人向け
「日本には、僕のような「我慢しない人」を軽蔑する文化がある。そして「我慢強い人」を褒めたえる文化がある。その原因は何か?「学校」なのである。
社会人が読むべき本でもお勧めしたこの本。

>>>新入社員が読むべき7冊まとめ。

 

何がいいかというと、僕ら自身が「学校教育」にいつの間にか侵されていることがわかるんです。
 
それを知れば、自分の行動や考え方が、いかに学校教育の影響を受けているかに気付けます。
 
すると自ら学び、楽しく働く姿が目に見えてくるんですね。
 
・社会や周りの常識を疑わない人
・学歴主義の人
・教育関係に携わっている人
 
は、ぜひ読んでほしいなと。
 
ちなみに僕はこのレビュー、すごく刺さりました。
f:id:ichimaro10:20171108142623j:image

 

5.君はどこにでも行ける

 
「若者よ外へ出ろ!」などとは思わない。行きたければいいし、行きたくなければ行かなくていいのだ。
 
海外に少しでも興味がある人向け
この本は、堀江さんが海外を実際に訪れた「旅行記」といった方がピンときます。
 
他の本とは違う視点とテーマで書かれているので、かなり面白いです。
 
・海外から見た日本の現状
・アジア各国の変化
・東京は世界最高の都市
 
など、世界と日本を比較して、それぞれの国の現状が知れます。
アジアの成長がすごい!という最近耳にする言葉が、堀江さんの旅行記をまじえて具体的に理解できる感じ。
 
「海外や日本の経済状況」とか聞くと難しくて理解できないんじゃないか、という恐れを抱きがちですが、めっちゃ分かりやすい文章で書かれています。
 
 
海外旅行が好きな方にお勧めかな、と思いました
 
アジアに旅したくなります。すごく。特にタイに行ってみたい。

6. 99%の会社はいらない

 

これからの時代の幸せは「自分の時間」をいかに生きるかで決まる。会社勤めをしながら、自分の時間を生きている人は、100人のうち一人くらいだろう。

 

仕事が楽しめていない人向け

サラリーマンではない生き方について考えさせられる本。  

 

社会人としての今の現状に満足できていない人にぜひ読んでほしい、あ、こういう考え方もあるのかと。

 

そして、会社の中でいかに周りに同調することがバカバカしいかが分かるようになります。

給料が低いからだらだら残業することの愚かさが分かります。

 

しかし後半は堀江さん自身が運営しているサロンの紹介がメインなので、僕はそこは流し読みでした。

 

読まなくていい1冊

7.好きなことだけで生きていく

 
本書は、いわば僕からの「最終通告」である
 
読まなくていいです。
ホリエモンの本を3冊以上読んだ人は、もうこの本は読まなくていいです。 
 
正直内容が他の執筆本と丸被り。
 
さらに、「99%の会社はいらない」以上い、サロンの紹介がメインになっています。
 
この本を読む時間があるなら、他の堀江さんの本を読んでください!
レビューも少なめ&低めです。
 

最後に

 

この「まとめ」を書こうとしたきっかけも、「多動力」を読んだおかげ。

つまり、自分がしたいと思ったこと、誰かの為になると思ったことは即行動。

 

「好きなことを、自由にやって生きたい」あなたには必読のホリエモンですね。

何か悩んでる時間があったら、即行動。

 

堀江さんの本を読むことは、最高の自己投資ですよ!間違いない。

 

この記事を読んだ人がよく読む記事

新入社員が読むべき7冊まとめ。

睡眠の質をスタンフォード式で改善!

若手社会人必読!成功者が語る49の言葉

 

 

Life Is Entertainment!!

 

いちまろ