いちまろらんど

23歳。テーマパークBOYのいちまろです。

ニューヨークのチャイナタウンで起きた謎の事件。

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20171030205558j:image

 

旅行大好きブロガー、いちまろです。

 

2017年の2月に卒業旅行でNYに行ったんですが、あなたはNYといえばどんなイメージですか?

 

自由の女神

 f:id:ichimaro10:20171030205603j:image

ブロードウェイ

f:id:ichimaro10:20171030211029j:image

セントラルパーク

 f:id:ichimaro10:20171030205617j:image

 

 

などがパッと挙がるところでしょうか。

 

これらのスポットはNYに行ったらぜひ押さえてほしいスポットですよね。

勿論僕も行きましたよ。

 f:id:ichimaro10:20171030211051j:image

ミュージカルをやってた同期のみんなと行きました。

 

ニューヨークに行く皆さんには、僕的にもう一個抑えてほしいスポットがあるんです。

 

それは

 

チャイナタウン

 

 チャイナタウンに、ぜひ行って欲しいんですね!

 

NYのチャイナタウン

 

f:id:ichimaro10:20171030205410j:image

(travelbook)

 

チャイナタウン。

 

文字通り、ニューヨークに住む中国人が溢れている町。

街の感じも、NYのお洒落な感じじゃなく、雑多な感じなんです。

スケボーしてる学生もたくさんいる…(多分シ〇ナー吸ってる子もいました。)

 

なんとなくダウンタウン、ってイメージが近いかもしれません。

 

そんなチャイナタウンの何がいいって、ずばり

 

ご飯が安すぎる!!

 

ところ。

 

アメリカは日本と比べ物価はそこまで安くはないから、結構食費でお金が持ってかれちゃうんですよね。

 

 

僕も滞在期間は、現地のスーパーでカップラーメンを買って宿でお湯入れて食べたりしていました。😢

 

でも、やっぱりせっかくの旅行。外食したくないです

 

しかも、アメリカンな食事に飽きた頃に、中華ってこれまた一段と美味しく感じちゃうんですよね。

 

 

さらに、お土産屋もたくさんあるんです!

 

しかも値下げ交渉できるような、おみやげが店中に積み込まれた所謂チープな感じのお土産屋がたくさんあります。

 

 

僕は50ドルのトレーナーを値切って20ドルとかにしてもらいました。

「I LOVE NY」Tシャツなんかも、マンハッタン中心のお土産屋では20ドルくらいしますが、ここでは5ドルで売ってましたよ!

 

家族や友達に量産して買うときは、やっぱりお土産の単価も抑えたいもの。

 

 

もう、神かよ、チャイナタウン。

 

もう、みんなに行ってほしいよ、チャイナタウン。

 

 

ただ、一つだけ気を付けてほしいんです…

 

 

 

 謎のぼったくり要求に!!    

 

 

 

検索1位の餃子店に行ってきた    

それは、チャイナタウンに降り立ち、NYとはまた違った街の様子にひと際興奮していた時のことでした。

 

僕と親友のkazu君は、「ニューヨーク チャイナタウン」でググって1番にでてきた、「プロスペリティー ダンプリン(Prosperity Dumpling)」というお店に行くことに。

 

ちなみにProsperity Dumpling、直訳すると「繁栄肉入り蒸し団子」です。  

 

…まぁ、人気の餃子屋なんでしょうね、多分。

 

  入ってみると、繁栄の要素は全くなく、客も僕らと、常連くさい中国人のおじさんだけ。

 f:id:ichimaro10:20171030205751j:image

イートスペースも5席くらい。

 

周りの店は全部閉まってます。 (正直、入るのちょっと怖かった。。。)  

 

 

まぁでもググって1番に出るくらいだから、信頼できるお店だろう!  

 

 

そう思って貼られてたメニューを見ると、    

 f:id:ichimaro10:20171030205755j:image

 水餃子…4個2ドル

焼き餃子…3個1ドル、10個3ドル    

 

おおお!!!ネットの情報通り!!これは確かに安い!!!!  

 

ということで、水餃子4個と、餃子10個をkazu君と一緒に買って食べたんです。

 

 

そして、これが普通においしい。一口大の餃子で、作りたてなので熱々かりかりです。

 

この値段でこの美味しさだったら、最高だわ~! と話しながら、kazu君はおかわりを頼みました。

 

しかしここで、謎の事件が起きたんです。

 

 

水餃子しか頼めない?

 kazu君は、10個もいらなかったので、餃子6個頼もうとしたんですね。

 

つまり、3個1ドルのものを6個なので、2ドル。

 

この計算間違ってませんよね??

 

 

そしたら、おばさん中国人店員が何やら中国語で要求してきます。

 

「€×○×+:〆$+○×#」

 

…どうやら、もう1ドル払え、とのこと。

 

???

 

いや、なんでだ?? 6個でいいんです!と英語で伝えると、また中国語で要求してきます。

 

(ここはニューヨークなのに、まったく英語で話そうとしないところが流石お国柄ですね…)

 

 

二人でなんとか聞き取った結果、 どうやら、

 

「2ドルでは水餃子しか頼めない」ということらしい。

 

???????

 

 

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 

 

 

その後、交渉を続けるも一向に理解してくれる模様がないので、

 

結局1ドル払って10個餃子を買ったのでした。

この事件と、さがに餃子もう10個は飽きたことによりkazu君のテンションはだださがり。

 

そして、もうとっとと店を出ることにしたんです。

 

またもおばちゃんが要求してくるんです。

 

そう、また、「お金を払え」と要求してくるんです。

 

 

もう流石に意味不明だったので、言ってやりました。

 

 

"We have already paid !!!!Are you ok!?!?"

 

(合っているかは分からないが、僕にはこのフレーズしか思いつかなかった…)

 

 

 

そして、店を出ましたとさ。

 

 

初めての経験をしたお話でした。

あの時は、二人ともイラオコでしたが、今思えばこれぞ海外旅行の醍醐味ですね。

 

チャイナタウン、万歳です。

 

 

ちなみに僕は、来月初中国に上陸してきます。上海へ行ってきます。

 

この経験の後だから、いろんな意味で楽しみですね…

 

勿論行きますよ、上海ディズニー!

(香港のディズニーで、立ち〇ョンしているゲストがいたって話を前聞いただけに少し不安ではありますが…)

上海レポートもお楽しみに。

 

 

では最後にまとめですが、

 

アメリカであってアメリカでない町チャイナタウン!

安すぎる店がたくさんチャイナタウン!

そして面白いおばちゃんと会えるお店、「繁栄繁栄肉入り蒸し団子」!

 

ぜひNYへ行った際は観光してみてくださいね~!^^

 

というお話でした。

 

この記事を読んだ人がよく読む記事

ニューヨークでスピード違反。罰金がエグすぎる。

世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】

TOEIC不要!留学不要!僕が英語をマスターした、シンプルな方法!

 

Life Is Entertainment!!

 

いちまろ