いちまろらんど

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

初心者ブログ、参考にするならかん吉さん!

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20171021113846j:image

 

 ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座        

菅家伸
2016.10.31
 

 

 f:id:ichimaro10:20171021113857j:image

 

ひとまとめ。

 
「この一冊から始めよ。もしブログを始めるならば。」
 
わかったブログでお馴染みの、かん吉さんが著したこの本は、ブログを始めたての方にうってつけの本。
「なぜブログを始めるのか」という根本から始まり、
ブログ構築方法→集客方法→マネタイズまでの一連の流れが、
かん吉さんの実体験を基に書かれています。
マネタイズだけに拘った他のブログノウハウ本とは一線を画しているのがポイント。
なぜなら著者の根幹が「ブログが人生の母艦となる」だからです。
  

いちまろの響き

 

ブログをはじめるのに必要なもの

 
かん吉さんはブログを始めるに当たって必要なことは以下の4つだえと述べています。
 
①時間の確保、②自分で何とかする粘り、③半歩前のめりになる姿勢、④人気ブログを作る決意
 
特に時間の確保に関しては、うなずく部分が多かったです。
フリーランスでない僕らサラリーマンは、1日の大半を仕事に費やすわけです。
何かを新たにする時間を設けるために手っ取り早いのは、「何かをやめること」
自分だったら、「2度寝」と「残業」の2つ。
 
何かを選ぶということは、何かを選ばないこと。
何をするにもこのシンプルな原則は当てはまります。
時間を捻出したいならば、まずは自分の生活を見直すところから始めるのが1番なのです。
結構、自分にとって生産的でない時間が多いことが分かりますよ。
 
80歳まで生きるとして、残り人生は約2万日。1日も無駄にできませんね。
 
世の中には色々な成功法則がありますが、しれらはすべて、要するに「やれ!」ということです。行動を起こさなければ、何も始まりません。ブログも同じです。ブログを立ち上げて記事をポストしないかぎり、何も始まりません。
(本書より引用)
 
 

ブログとSNSは補完関係

 
ブログは終わった的な論調を定期的にみかけます。確かにブログ単体では大きな影響力を発揮するのは難しくなっています。しかし、ソーシャルメディアとタッグを組んで、お互いの弱点を補うことで、最強の情報発信ツールとして生まれ変わりました。
(本書より引用)
 
ブログは、制作面だけで言えば手軽かつ情報量も豊富。
しかし、ブログ自身では集客は不可能です。
一方SNSの手軽さは、情報量は制限されるものの圧倒的に速いスピードで拡散します。
つまるところ、
「コンテンツの豊富さ」と「効果的なSNSの利用」がブログの集客を上げるのです。
ブログの構築方法だけでなく、 ブログからSNSへ繋げる仕組みもこの本では詳しく書かれているので、何から手を付けていいかわかります。
またうまく紐づけたところで、その分析ができていないと結果的に長続きしません。
分析ツールの使い方も細かく分かりやすく書いてあり、PDCAを効率よく回せるようになります。
 
SNSをうまく使いこなすことは、21世紀に生きる僕らの必須のスキルといっていいですね。
ブログを始めたての自分もこの章は特に参考になりました。
 

夢は書くから実現する

 
ブログ記事を書いて、広告収入を得るだけのスタンスでは、お金は入ってくるかもしれませんが、それだけです。周りを動かしたり影響することはできません。
ブログを目的とするのではなく、自分が好きなこと、やりたいことを実現する手段として活用したほうが、お金より大きなものを得られます。ブログは夢を実現するためのツールなのです。
(本書より引用)

 

 
人は夢がないと生きていけない、というのが僕の持論です。
「お金を稼ぐ」ことにフォーカスしてブログを構築する人が多い中、「夢を叶えるツール」としてブログを書いているかん吉さんは僕にとっては理想の姿です。
現にかん吉さんは、本を出版する、先生になる…などの夢をブログを書くことで叶えています。
 
書くことは、自分の意志を記すこと。破れない約束になります。
ブログ初心者の皆さん、ぜひ一緒にブログを書く中でたくさんの夢を見つけていきませんか。
そんな僕らの背中を、技術的にも精神的にも後押ししてくれる本でした。
 

この記事を読んだ人がよく読む記事

猫背は病気だ。矯正にマジで取り組んでみる。

就活に必須なお勧め本7選、まとめ。

格安スマホ・LINEモバイルで50000円節約した話

 
Life Is Entertainment!!
 
いちまろ。