いちまろらんど

大学生×若手社会人に有意義な暇つぶしを。23歳。テーマパークBOYいちまろの雑記ブログです。

ホリエモン本!初めて読むなら「本音で生きる」 

スポンサーリンク

f:id:ichimaro10:20171021114149j:image

 本音で生きる

一秒も後悔しない強い生き方
堀江貴文
2015/12/15
 

f:id:ichimaro10:20171021114200j:image

ひとまとめ。

「本音で生きれば、自分の人生を自分の足で切り拓いていくことができる」

 ホリエモンワールド全開のこの本は、29万部突破のベストセラー。
ページ数も200pないので、堀江氏の著書を読んだことがない人でも、だいぶさらっと読めます。
自分の環境に不満があったり、行動したくても中々一歩踏み出せないに人には、うってつけの本!

いちまろの響き。

どうしたら本音で生きられるようになるのか。
1.言い訳しないこと
2.バランスをとろうとしないこと
3.「自意識」と「プライド」を捨てること

 

堀江氏は、まず上のように述べてます。
言い訳しないこと。確かに人は言い訳によって自分の環境や行動を守りがちだ。それに気付けてないことも多い。その言い訳は、お金であったり、地位であったり、時間であったり…。でもその言い訳が、自分の生き方をまた不自由にしている。そこから脱することがまず、本音で生きるための第一歩なのだろう。

 

自分は「やり方がわからない」という言い訳をよくしてしまう。
教えてもらってないからできない。
歌が上手くなりたいけど、どうレッスンしたらいいのだろう。
 どうしたら効率よくデータの分析ができるのか。
どうしたらみんなに読まれるブログを構築できるのか。
 
などなど。
 
そんな、「やり方がわからない」という言い訳に対して著者は
「やり方」なんてそもそもない
 
ネットで検索すれば、"やり方"なんていくらでも出てくる。
略)もっとも、僕そもそも「やり方」なんてものはなくて、全てが「トライアンドエラー」なのだと思っている。
と述べてます。なるほど。これは深い。
 
結局何事もコツはなく、努力し続けること。究極それしか上達の道はないのです。
しかし、その努力も苦しいものであったら本末転倒。何か好きなことを見つけ、それに没頭すること。それこそが、自分のやりたいことをやっている状態。
 
つまり著者が述べる「本音で生きる」こと
同時に、僕のモットーである「毎日が遊び」に繋がってます。
 
世界には無限に面白いことが溢れているが、人間に与えられている時間は有限だ。
僕にはそれがもどかしい。有限の時間をやり繰りして、仕事も遊びも、面白いことを思う存分満喫することが、僕にとっての人生だ。
何かをするために、お金も地位も必要ない。必要なのは、誰にでも平等に与えられている、死ぬまでの時間だけ。だからこそ時間は何よりも貴重な資源であり、それをいかに使うかが最重要課題となるのだ。
時間は平等。日々言い訳せず、まずは今の環境をどう楽しんでいくことから考えていきたいですね。
 
それでも他人や環境の変化が怖くて、行動できない人。堀江氏も述べていたが、結局、自意識過剰なのです
 
人は自分が思っているほど大して自分のことなど気にしてはいない
 
 
自分が逆の立場になったらそう思いませんか?
もし相手が自分に意見してきたとして、あなたはそのことだけで、その人のことを嫌いにならないですよね。
 
そう考えると、自分もめちゃめちゃ行動しやすくなりました。やりたいことがあるなら、今動こう。本音で生きよう。
 
 
そう心を動かされた一冊でした。
 

この記事を読んだ人がよく読む記事

睡眠の質をスタンフォード式で改善!

minimoを使って無料カットモデルに!

30記事達成!初心者ブロガーが持つべき3つのマインド

 
Life Is Entertainment!!
 
いちまろ。